おすすめ資格のご紹介②・・・FP技能士


上記画像引用元:http://www.jafp.or.jp/

こんにちは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「おすすめ資格のご紹介②・・・FP技能士」というテーマで書いていきたいと思います。

私自身、資格試験は、試験合格という結果ではなく勉強すること自体に意義があると考えています。

また、ビジネスや投資から離れての試験勉強は、良い息抜きにもなるのではないでしょうか。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

FPとは?

FPとは、ファイナンシャル・プランナーという職業の略です。

皆さんも、FPもしくファイナンシャル・プランナーという言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

FPは、分かりやすく言えば「お金の専門家」のことです。

お金に関する様々なこと(資産運用、社会保険、税金等)について、アドバイスをしてくれる人たちです。

アメリカでは、日本よりも遥かに資産運用や投資に関する国民の意識が高い為、FPは医者や弁護士と並ぶ重要な職業なのです。

医者:命

弁護士:人権

FP:お金

どれも私たちにとって大事なものですよね。

日本では、まだまだ資産運用や投資に関する国民の意識が低いですが、今後、この国は間違いなく大変な格差社会になりますから、FPの重要性が増してくることは必至だと思います。

 

FPに関する資格について

FPという職業に就くために、特に資格等は不要です。

ですが、FPの多くは、FPに関する資格を保有しています。

国家資格としては、FP技能士(技能検定)1級、2級、3級

サイトは、こちらです。

民間資格としては、AFP(難易度は上記2級相当)、CFP(難易度は上記1級相当)です。

サイトは、こちらです。

私自身、FP技能士3級を保有しておりますが、将来的には2級、AFP,CFPまで取得出来たらなと思っています。

 

自己啓発はFP技能士2級まで

これらのFP資格では、お金に関する様々なことを幅広く学べるので本当にお勧めです。

経営者にとって必要な社会保険税金だけでなく、個人として必要となる相続不動産資産運用に関する知識も広く浅く学ぶことができるからです。

もっとも、FP技能士1級やCFPまで取得する必要はありません。

自己啓発としてはオーバースペックです。

また、AFPとCFPは民間資格であり、資格取得や維持にはいろいろとお金がかかります。

したがって、経営や自身の生活に役立てる為の自己啓発であれば、FP技能士2級と3級が最適でしょう。

 

最後に

私自身、30歳の時に気晴らしにFPの勉強をしたことは、とても良かったと思ってます。

なぜなら、今後の将来を考えるにあたって、新しい発見がいろいろとあったからです。

その時期から、お金について真剣に考えるようになりました。

FP技能士3級は簡単な試験ですので、皆さんも勉強してみては如何でしょうか?

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

コメントを残す