せどり(9)・・・せどりと業者仕入れ②

こんにちは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「せどり(9)・・・せどりと業者仕入れ②」というテーマで書いていきたいと思います。

以前にせどり(3)・・・せどりと業者仕入れ①という記事(以下、前回記事という)で、業者仕入れについて扱いました。

今回は、それに付け加えるという形で書いていきたいと思います。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

業者仕入れ自体がダメというわけではない

前回の記事では、業者仕入れについて結構否定的に書きましたが、業者仕入れ自体がダメというわけではありません。

要は、リスクと資金効率の関係から考えるということなわけです。

業者仕入れは、

一度で大量に仕入れることが出来るので一回の仕入れでの利益額が大きくなる

業社(メーカーや問屋)からの仕入れであるので仕入れが安定する

正規での仕入れになるのでアカウントの削除・停止のリスクが低くなる

等々というメリットがあることは前回記事でお伝えした通りです。

しかし、

一度の仕入れで大量の資金が必要となる、

多額の融資(借金)が必要となる、

等々というデメリット(ハイリスク)がある為、おススメしませんでしたよね。

このデメリットを克服できるのであれば、業者仕入れは行っても良いと思いますし、むしろせどりより多くの利益(利益率ではなく利益額)を出せるでしょう。

 

どうやってデメリットを克服するか

デメリットを克服する方法、それは大量の自己資金を作ることです。

大量の自己資金のうちの、一部を業者仕入れに使うというのであれば、万が一の時があっても、全体の資金に及ぼすリスクは軽減します。

また、自分のお金なのですから、最悪無くなってしまっても借金は追わずに済みますよね。

では、具体的にどうやって少額の自己資金を大量にするのかということですよね。

そこで、FX(投資)になってくるわけです。

電脳せどりでコツコツ継続的・安定的に稼ぎなから、並行してFXで少額の自己資金を増やしていくという方法です。

大量の自己資金ができるまでは、間違っても業者仕入れには手を出さないということですね。

 

最後に

ビジネスでも投資でも、唯一自分でコントロールできるのはリスク(損失)のみです。

業者仕入れを行っている情報発信者(コンサルタント)の言うことを鵜呑みにして、銀行から500~1000万円という多額の融資(借金)を受けて、その全部を業者仕入れに投入するということはとてもハイリスクなことだと思います。

仮に、一部を手元に置いといて、残りを業者仕入れに使うとしても、業者仕入れではなかなか資金が増えていきません。

利益率が低い上に、様々な経費、生活費、融資の利息、生活費等が引かれるわけですから。

結局は、利益を増やしたいがために、手元の資金を仕入れに使ったり、追加融資(借金)を受けることになるのです。

多額の融資(借金)まで受けて、利益率が低く資金効率が悪い業者仕入れを行うメリットがどれだけあるでしょうか?

私人の考え方としては、業者仕入れを行うのであれば、あくまでも大量の資金のうちの一部を使うべきだと思います。

ただ、FX(投資)により、自己資金を大量に増やせた時に、利益率が低く資金効率が悪い業者仕入れを行う必要性がどれだけあるのかは疑問です。

キャッシュ・ポイントを複数持つということくらいでしょうか。

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

コメントを残す