クレジットカードとキャッシュ・フローとの関係について

こんにちは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「クレジットカードとキャッシュ・フローとの関係について」というテーマで書いていきたいと思います。

せどりをやる上で、クレジットカードは必須アイテムになります。

クレジットカードを使う場合に、一番気を付けなければならないのは、毎月の支払いです。

以下、詳しく解説していきます。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

せどりにおいて、キャッシュ・フローは生命線

せどりを始めたばかりの頃は、手元にある資金が少ない人が多いと思います。

潤沢な資金があれば、せどりではなく別のビジネスや投資に挑戦しているでしょうから。

手元ある資金が少なくとも始められるのが、せどりのメリットであるわけです。

そして、それを可能にしてくれるのがクレジットカードです。

手元にある資金が少ない状態の中で、クレジットカードを使って仕入れるわけですから、キャッシュ・フローには細心の注意を払わなければありません。

キャッシュ・フローが悪ければ、毎月の支払いが滞ってしまいますから。

つまり、キャッシュ・フローは、せどりにとって生命線なのです。

 

良好なキャッシュ・フローを保つための厳格なルール

クレジットカードの毎月の支払いが滞ることがないように、キャッシュ・フローを良好に保たなければなりません。

その為に、厳格なルールがあります。

例えば、

締め日や支払日のことなる複数のクレジットカードを持つ

個々のクレジットカードごとに使用する期間や額を決める

等ですね。

この厳格なルールを破ってしまうと、キャッシュ・フローが悪化してしまい、クレジットカードの支払いが滞るという事態になりかねません。

私自身、最初の1年間は、この厳格なルールを守っていました。

 

手元にある資金量によって、このルールは緩くしてもかまわない

私は、せどりを始めてから1年を過ぎてから、厳格なルールを緩くしていきました。

なぜなら、手元の資金量が増加してきたため、毎月のクレジットカードの支払いキャッシュ・フローについて、余裕が出てきたからです。

せどりを始めた当初は、楽天カード、ヤフーカード、リクルートカードを使い分けていたわけですが、現在では、楽天ゴールドカード9割、ヤフーカードが1割くらいという利用具合です。

リクルートカードは、ほぼ使っていません。

もっとも、最低限のキャッシュ・フローは当然に気にしています。

売れなければ赤字になってしまいますから。

 

最期に

せどりを始めた当初は、手元の資金量の少なさから、キャッシュ・フローに細心の注意を払わなければ命取りになってしまいます。

しかし、手元の資金量が増加してくるにしたがって、余裕が出てきますので、厳格なルールを緩やかにしていくことが可能になります。

このように、手元の資金量によって戦略が変わってくるのは、ビジネスや投資全てに当てはまることだと思います。

この点が意識出来るようになると、お金儲けのコツを掴んだといえるでしょう。

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

コメントを残す