キャッシュポイントを複数持つということ

こんにちは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「キャッシュポイントを複数持つということ」というテーマで書いていきたいと思います。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

キャッシュポイントとは?

私自身、ネットビジネスや投資を始めるまで、キャッシュポイントという言葉を知りませんでした。

キャッシュポイントとは、収入源のことです。

別に、難しい言葉ではないですね。

キャッシュポイントには、いろいろありますよね。

ネットビジネスでは、せどり、情報発信(アフィリエイト、コンサル、情報商材の販売等)等があります。

投資では、FX、株、仮想通貨、不動産投資等があります。

リアルビジネスでは、数えきれないくらいの業種があります。

 

キャッシュポイントを複数持つことの意味

よく、「キャッシュポイントは複数持った方が良い」と聞きますが、その意味は何なのでしょうか?

まず、収入が増えるということ

例えば、30万円のキャッシュポイントを1個しか持っていないより、2個持っている方が収入が増えますよね。

次に、リスクヘッジになるということ

自営業や会社経営者にとって、キャッシュポイントを複数持つことの最大の意味はこれだと思います。

私みたいな専業の場合、サラリーマンや公務員から「自営業や会社経営は不安定だ」と言われます。

しかし、彼らは、よく理解もせずに、常識論を言っているわけです。

常識論が正しいとは限りません。

確かに、キャッシュポイントが1つのみでしたら、時代の流れ等によって、どうなるかわかりません。

収入が減少することもあるでしょうし、最悪ゼロになることもあるでしょう。

しかし、キャッシュポイントを複数持てば、そういうリスクは回避できますよね。

仮にAというキャッシュポイントがダメになっても、BやCがあれば直ちに困窮状態になることはありませんから。

そして、BやCで収入を得ているうちに、新たなDというキャッシュポイントを構築していけば良いのです。

 

最期に

これら2点が、キャッシュポイントを複数持つことの意味です。

なお、これからの時代は、サラリーマンや公務員であっても、老後の不安は付きまといます。

仮に、定年退職まで勤め上げたとしても、今の40代以下は、支払った年金の半分くらいしか返ってこないと予測されるからです。

また、年金の受給開始年齢もどんどん上がっていくでしょうし、消費税の税率も上がっていくでしょう。

そのような事態になったときに、サラリーマンや公務員の収入からの貯蓄だけでは賄えませんよね?

これからの時代は、自営業や会社経営者だけでなく、サラリーマンや公務員もキャッシュポイントを複数持つ必要があります。

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

コメントを残す