電脳せどり 仕入れ編⑪・・・高順位商品の仕入れで注意すべきこと

こんにちは

HIROです。

 

はじめに

今回の記事は、「電脳せどり 仕入れ編⑪・・・高順位商品の仕入れで注意すべきこと」というテーマで書いていきたいと思います。

リサーチして利益が取れる商品が見つかったとして。次に問題になるのが商品の仕入れ個数です。

この点に関しては、非常に神経を使うところです。

なぜなら、

仕入れすぎてしまうと不良在庫になる、

仕入れが少なすぎると在庫切れになってしまう、

からです。

以下、具体的な仕入れ個数の判断での注意点を書かせて頂きます。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願い致します。

 

中順位以下(10000位以下)の商品について

Amazonのランキングにおける順位が、中順位以下(10000位以下)の商品については、特に難しいことはありません。

モノレートやモノゾンから、販売個数を判断すれば良いだけです。

以下のモノレートやモノゾン画像の赤丸の枠内の箇所ですね。

上記画像引用元・:https://mnrate.com/

私の場合、目安としては、2か月で売り切れる個数を目安としています。

そのくらいの在庫数であれば、キャッシュフロー上、良好であると考えるからです。

 

高順位(10000位以上)の商品の仕入れについて

問題となるのは、高順位(10000位以上)の商品の仕入れです。

モノレートやモノゾンでは、正確な販売個数が判断できないからです。

以下のモノレートとモノゾンの画像の赤丸の枠内をご覧ください。

上記画像引用元・:https://mnrate.com/

月の販売個数がこんなに少ないわけがありません。

このような高順位商品では、正確な販売個数が全く判断できないわけです。

よって、このような高順位商品の仕入れ個数の判断に関しては、モノレートやモノゾンは全く使えないと思っておきましょう。

ツールは非常に便利なものですが、やはり一定の限界があります。

この点を克服するのが「人間の目」だということですね。

それが経験に裏打ちされたノウハウなわけです。

 

最後に

商品を仕入れるにあたって、その仕入れ個数を判断するのはとても重要となります。

仕入れ個数が多すぎてもダメ、少なすぎてもダメなわけです。

せどり初心者の方は、この点を正確に理解できていない人が多いですね。

つまり、「不良在庫の回避と販売機会の確保」が非常に大切になってきます。

特に高順位商品を仕入れるにあたっては、前述の点に注意しながら仕入れるようにしましょうね。

 

では、今日はこの辺で!

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

コメントを残す