電脳せどり 梱包・納品編②・・・仕入れた商品の状態が悪い場合の対処法

こんにちは

HIROです。

 

はじめに

今回の記事は、「電脳せどり 梱包・納品編②・・・仕入れた商品の状態が悪い場合の対処法」というテーマで書いていきたいと思います。

私も今までに何度か経験があるのですが、仕入れた商品の状態が悪い場合があります。

以下、その場合の私なりの対処法について解説していきたいと思います。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願い致します。

 

大前提としてアウトレットや訳あり商品の仕入れは避けたほうが良い

まず、大前提として書かせていただきたいことがあります。

それは、

「アウトレット商品や訳あり商品の仕入れは避けたほうが良い」

ということです。

アウトレット商品や訳あり商品の中には、確かに大きな利益の取れるものもあります。

しかし、これらの商品は、パッケージが傷んでいるものも多いのです。

また、私が過去に仕入れたもので一番最悪だったのは、新品と表示してあったのに使用済みのものだったのです。

当然、箱の外からはそのことがわかりませんから、そのまま販売してしまい、後にお客様からクレームを頂きました。

そこで、しっかり対応できたので大事にならずに済みましたが、一歩間違えばアカウント停止の危険もあったでしょう。

このように、アウトレット商品や訳あり商品といったものは、利益が取れる反面、リスクが高いものも混入しているのです。

したがって、いくら利益が良くても、アウトレット商品や訳あり商品を仕入れることは避けたほうが良いでしょう。

 

通常商品で状態が悪い場合の対処法

ここからが本題となります。

通常商品とは、私が取り扱っている商品です。

つまり、リピート商品のことです。

ここでは、どことは言えませんが、時々商品の状態が悪いものが送ってくるショップがあります。

この場合の対処法について、私も最初は悩みました。

せどりをやっている人に聞いても、対処法が違うのです。

ある人は、ヤフオクやメルカリで売ってしまう、

ある人は、ショップに連絡して交換してもらう、

ある人は、プチプチ等で梱包して納品して販売してしまう。

等という感じなのです。

ここからは、あくまでも私の対処法ですので、参考にして頂ければと思います。

商品状態の悪さの程度に応じて対処法を分けています。

具体的には、

①どう考えても酷いという状態のものは、ショップに連絡して交換してもらう

②そこまで酷くない状態のものは、プチプチ等で厳重に梱包して納品・販売する

③軽度のものは、OPP袋に入れて納品・販売する

という感じです。

上記①については、当然ですよね。

仕入れ先のショップも物販のプロとして商品を販売しているわけですから、許されることではなりません。

もっとも、ショップに交換の連絡を入れる場合は、くれぐれも言葉遣い等は気を付けてくださいね。

こちらもビジネスとしてやっている以上、今度から仕入れが出来なくなってしまっては困りますから、丁寧な言葉づかいを意識するようにしましょう。

 

最後に

ショップに交換の連絡等をすると、「目を付けられてしまうのではないか?」ということを心配する人もいるでしょう。

しかし、商品の状態があまりにも酷い場合は、連絡しても問題ないと思います。

私自身、今まで何度も交換の連絡をしましたが、それが原因で仕入れることが出来なくなったことは1度もありません。

ただし、あくまでも私の対処法ですので、実際にご自身でやる場合は、自己責任でお願いしますね。

 

では、今日はこの辺で!

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p