新元号は「令和」

こんにちは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「新元号は「令和」」というテーマで書いていきたいと思います。

昨日、新元号の発表がありました。

5月1日からは、新元号の始まりです。

とうとう、新しい時代の幕開けですね。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

自分にとっての「平成」は、良いことよりも悪いことの方が多かった

私自身のことをお話しすると、「平成」は小学校1年生から始まりました。

つまり、物心ついてから今日に至るまでの人生の大半は「平成」だったことになります。

自分にとっての「平成」を振り返ってみると、良いことよりも悪いことの方が圧倒的に多かったように思います。

小学校高学年から中学まではいじめに遭い、

高校生では反動で不真面目になり、

高校、大学、大学院、そして30代前半までは、挑戦と挫折の繰り返し、

という散々なものでした。

何をやっても上手くいかず、何度も自暴自棄になりましたし、他人や社会を憎んでいた時期もありました。

それでも、33歳の時(2016年)にせどりと師匠に出会い、何とか生活できるまでになり、その後、結婚し子供が誕生しました。

今では、人並みの幸せな生活を送れていると思っています。

しかし、この人並みの幸せな生活を手に入れるまで、どれだけ遠回りしてきたことか。

そう考えると、私にとっての「平成」は、まさに黒歴史であったと感じています。

まあ、「終わりよければすべて良し」ということなのかもしれませんが、そんな楽天的な気持ちにはとてもなれませんね。

 

令和という新しい時代の幕開け

来月1日から、「令和」という新しい時代が始まります。

「令和」という言葉を最初聞いたときは、「え?」という感じで、イマイチぴんときませんでした。

しかし、「平成」のときも、大人の反応はこんな感じだったと記憶しています。

慣れてくれば、自然と親しんでいくのでしょう。

「令和」は、自分にとっても家族にとっても、飛躍の時代にしたいものです。

過去の失敗や過ちを悔やんでみても何も始まりませんし、恨んでみても辛くなるだけです。

良いことも悪いことも含めて自分自身なんですよね。

人間は完璧でなく、同じ過ちを何度も繰り返してしまったりしますが、そこから何を学ぶかが大事だと思います。

今までの多くの失敗や過ちを今後の人生に活かしたいですね。

 

最後に

当ブログの読者さんにとっても、「平成」という時代に対しては、各々にいろいろな思いがあると思います。

良い思い出が多い人もいれば、悪い思い出が多いという人もいるでしょう。

終わった過去を変えることはできませんが、自分の気持ち次第で未来を変えることは十分可能だと思います。

何かを始めるのに遅すぎることはありません。

私自身、今年で37歳になりますが、夢や希望を持っています。

心機一転、「令和」という新しい時代の幕開けを、希望に満ちた気持ちで迎えたいものですね。

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p