士業への依頼は紹介経由にしましょう!

こんにちは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「士業への依頼は紹介経由にしましょう!」というテーマで書いていきたいと思います。

自分でビジネスや投資をやっている場合はもちろんのこと、普通にサラリーマンや公務員として働いていている場合でも、弁護士や税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士等といった士業に依頼することがあると思います。

裁判やトラブルなら弁護士、税金なら税理士、社会保険や労務なら社会保険労務士、登記なら司法書士、許認可なら行政書士といった感じですね。

今日は、私の過去の失敗から、士業に依頼するということに焦点を当てて語らせて頂きます。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

同じように資格を持っているといっても千差万別

結構誤解なさっている方も多いのですが、いくら難関試験に合格して資格を持っているからといって、それと専門職として信用に値するのかは全く別の問題です。

私は、過去に司法試験を目指していたこともあって弁護士の本音の部分も見てきましたし、自分で起業して税理士に依頼して失敗したこともあります。

その結果として導き出した答えが上記になります。

資格試験はあくまでも知識をちゃんと記憶しているのかという問題であり、お勉強です。

しかし、実際の実務はそう単純ではないでしょうし、対人間の問題でもあります。

いくら勉強が出来ても、不誠実な人間ではダメですよね。

ですので、資格やバッジだけを見て信用しないようにしましょう!

 

士業への依頼は紹介経由にしましょう!

以上の点を踏まえると、ネット検索や電話帳検索で士業を探して、それで電話をして相談に行くという依頼方法はおススメできません。

依頼者は法律や税金等の素人なわけで、目の前の専門職の力量など図れませんよね。

この点、親族や知人等の紹介であれば、一定の信用は置けるでしょう。

ですので、士業への依頼は紹介経由にした方が良いでしょう。

ちなみに、私の場合は、税理士はせどりの師匠からの紹介ですし、会社設立の際にお世話になった行政書士はもともとミクシーで知り合っていた仲です。

また、弁護士に関しても、せどりの師匠、顧問税理士、大学院時代の先輩、昔の職場の所長等という繋がりがありますので、仮に今後依頼することになった場合はそういう人たちの紹介経由になると思います。

私自身も行政書士やFPの資格を保有し低限の知識があるので、ある程度の選別はできると思います。

 

最後に

もちろん、紹介経由だから100%大丈夫というわけではありません。

しかし、紹介経由を辿ることにより、少しでも変な専門職に当たってしまうリスクを下げることができるとは思います。

また、自身でも法律や税金、社会保険、簿記、お金に関する知識等のリテラシーを高めることが重要です。

良く勉強している依頼者と無知な依頼者、専門職の立場から見た場合にどっちの依頼者の仕事を一生懸命やりますかということです。

日々勉強ですね。

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

 

※ツイッターもやってます!

宜しくお願いします!