ツイッターでの相互フォローについての私見

こんにちは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「ツイッターでの相互フォローについての私見」というテーマで書いていきたいと思います。

私は今年の4月27日からツイッターの運用を開始しました。

その後、ネット検索等でいろいろ調べながらやってきました。

今回は、相互フォローというものについての私なりの考えを綴らせて頂きます。

これからツイッターを始めようと思っている方や既にツイッターをやられている方の参考になれば幸いです。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

相互フォローって?

相互フォローというのは、相互にフォローし合うことを言います。

主に、フォロワーを増やす目的で行われている手法ですね。

相手が自分をフォローしてきたので自分がフォローし返す

自分が相手をフォローしたので相手が自分をフォローし返す

というものです。

 

相互フォローのメリット

相互フォローを繰り返していけば、4~5日程度でフォロワー数1000人くらいは到達すると思います。

もっとも、私のアカウントの登録自体は2016年なので、アカウント年齢が3年くらい経過しています。

ですので、新規のアカウントでフォロワー数1000人まで行くのにどれだけ時間が掛かるかはよくわかりません。

では、フォロワー数が増えるメリットとは何でしょうか?

まずは、権威性・信用性でしょうね。

やはりフォロワーが多いとそのアカウント(人間)を信じる人は多いですから。

次に、情報の拡散力です。

自分のフォロワーが多くいるということは自分が何かを呟いたときにそれが拡散される力が大きいということです。

その結果、さらなるフォロワーを呼んでくれるということですよね。

 

相互フォローのデメリット

デメリットについてですが、相互フォローをしていると、それ目的の人間ばかりが多く集まってきてしまうということです。

つまり、自分の情報発信の内容を支持してフォローしてきているわけではないということです。

ですので、そういうアカウントが100集まろうが、1000集まろが自分のファンではないのです

また、エロ目的や怪しいビジネス関係のダイレクトメッセージもよく来ます。

そういうアカウントを相互フォローしているわけですから当然といえば当然ですよね。

さらに、誰でも彼でもフォローしていると自分自身の価値も下げることになります。

エロ目的や怪しいビジネス関係、全く分野が違うアカウントまでフォローしているわけです。

それを見た人はどう思うでしょうかということですよね。

ツイッターを少しやっている人には、どれだけフォロワーが多いアカウントであっても、相互フォローで増やしたということは分かってしまいます。

 

最後に

私も運用開始当初は、相互フォローをしまくっていました。

その結果、すぐにフォロワー数1000人になりました。

しかし、よく考えたら、見せかけのフォロワー数をどれだけ増やしてみたところで無駄で意味のないことだということに気づきました。

そこからは、フォローをどんどん外していきました。

当然、相互フォロー目的のフォロワーは離れていきましたが、それはそれで仕方のないことだと思っています。

なぜなら、その人たちは私の情報に価値を見出していないわけですからね。

やはり、時間はかかっても、毎日地道に有益な情報発信を繰り返していくことが重要だと思います。

そうすれば、少しづつ支持してくれるファン層が形成されてくるのではないでしょうか?

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

 

※ツイッターもやってます!

宜しくお願いします!