せどり(11)・・せどりと業者仕入れ③(電脳卸)

こんにちは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「せどり(11)・・せどりと業者仕入れ③(電脳卸)」というテーマで書いていきたいと思います。

私は、これまでの記事の中で業者仕入れに関しては否定的でした。

また、物販のみでの専業にも否定的でした。

業者仕入れに関する記事は、

せどり(3)・・・せどりと業者仕入れ①

せどり(9)・・・せどりと業者仕入れ②

となります。

これが従来の業者仕入れに対する一般的な認識だったと思います。

しかし、現在、従来の業者仕入れのデメリットを克服する方法に私は挑戦しています。

それが電脳卸です。

以下、今日は電脳卸について概説ではではありますがご説明させて頂きます。

かなり長文になりますが、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

従来の業者仕入れに対する一般的な認識(メリット・デメリット)

従来の業者仕入れに対する一般的な認識につて、詳しくは上記2記事に書いてありますのでご覧ください。

簡単に言いますと、

メリットとしては、

①1種類の商品を1度で大量に仕入れることが出来る(100個~)為、商品管理や仕入れ、納品等が楽大量に仕入れるという性質上、高回転低利益の商品が仕入れの主軸となってくる)

←なお、電脳卸ではこういう手法(縦積み)は採用しません。

ですので、ここはメリットにはなりません。

仕入れ価格の変動が少ない為、頻繁にSKU(商品の管理番号)を作り直す必要が無い

③メーカーや問屋からの仕入れであるため、せどりに比べてアカウント削除や停止のリスクが低い

④月商300万円以上からは、せどりよりも業者仕入れの方が楽。月商1000万円以上を目指すのであれば、業者仕入れは必須になってくる。

他方、デメリットとしては、

①業者仕入れは、現金前払いが原則となってくるので、月商1000万円を目指すのであれば、最低でも1000~1200万円以上の現金が必要となる。そのため、金融機関からの多額の融資が必要となる(つまり、借金)。

②せどりに比べて利益率が低い(全体で利益率10~12%)

商品の販売数が膨大になるので、自宅以外の事務所の賃料、光熱費、通信費等が別途発生する。さらに、人手も必要になるため、外注費や労働賃金等の人件費負担も出てくる。したがって、最終的な利益率は10%未満になる可能性が大きい。

④せどりであれ、業者仕入れであれ、結局はAmazonや楽天市場、ヤフーショッピング等に依存しているプラットフォームビジネスであるため、規約変更、アカウント削除・停止等により大きな影響を受ける。仮に、アカウント削除や停止になった場合、1000万円分の大量の在庫をどうするのか?

⑤1種類の商品を1度で大量(100個~)に仕入れることが必要となってくるため、せどりや業者仕入れの競合相手が現れたり、Amazonが販売し始めた場合において、損切りになったときの赤字も膨大になる。

メーカーからの仕入れ、問屋からの仕入れと一口に言っても、具体的条件により仕入れ値は様々である。特に、問屋の場合、1次卸、2次卸、3次卸とかまである。また、1次卸からの仕入れであっても、最安値での仕入れができているという保証はない。

⑦業者仕入れにおいて、利益率の高い旨味のある商品は莫大な資金を持っている量販店が独占し、資金力で乏しい中小零細業者には利益率の高い旨みのある商品が回ってくることは特別なルート等がある場合以外は少ない。つまり、資金力の乏しい我々が参入してみたところで勝負は見えている、

以上です。

 

電脳卸について

電脳卸とは、業者仕入れではありますが、ネットでの仕入れで完結する手法をいいます。

上記の従来の業者仕入れのデメリットのかなりの部分を克服してくれる方法になります。

具体的には、

①必ずしも現金払いが必須ではなく、クレジットカード決済可能な場合もそれなりにある。したがって、金融機関から多額の融資を受ける必要がない。

②全体的な利益率はせどりの場合と大きくは変わらない(利益率15~20%程度)

従来の業者仕入れよりも利益率は高いので、最終的な利益率も10%未満にならずに済む

1種類の商品を1度で大量に仕入れる必要がない(縦積型ではない)ので、損切りの場合のリスクも最小限に抑えることが出来る

ネットからの仕入れでも利益が出るものは多くある

等ですね。

1種類の商品の仕入れ個数が数個とかいうケースもありますので、電脳せどりとかなり近い感覚になります。

そして、従来の業者仕入れのメリットに加えて、

24時間いつでもリサーチ・仕入れを行うことが出来るので副業でも可能

特に交渉等も必須というわけではないのでコミュ障の人でも問題ない

ことがメリットとして挙げられますね。

 

最後に

私は、以前から業者仕入れには否定的でした。

ですので、ずっと電脳せどりをやってきたわけです。

しかし、業者仕入れの一般的な認識に縛られて、その解決の糸口を探す努力を怠ってきたわけです。

つまり、思考停止していたわけですよね。

ここは素直に反省しなければなりません。

まだまだ、電脳卸もマスターしたとはお世辞にも言えませんが、日々リサーチを繰り返していきたいと思います。

業者仕入れに興味のある方は、ご参考になさってみて下さい。

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

 

※ツイッターもやってます!

宜しくお願いします!