電脳せどり 顧客対応編④・・・いたずら購入者への対応方法(その2)

こんにちは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「電脳せどり 顧客対応編④・・・いたずら購入者への対応方法(その2)」というテーマで書いていきたいと思います。

以前の記事で「電脳せどり 顧客対応編③・・・いたずら購入者への対応方法」というものを書きました。

その後、せどりの師匠に相談してみたとこと、他の対応方法も教えて頂いたので、今日はご紹介させて頂きます。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

ストアのフロントページに明記する

まずは、自身のAmazonストアのフロントのページに、いたずら購入者への厳しい対応を明記することです。

具体的には書きますね。

以下の場合には、Amazonや警察に通報する、法的措置をとる、ということを明記するのです。

①悪質なキャンセル行為、いたずら行為、購入、返品の可能性があるご注文

②同業者による嫌がらせ、営業妨害等の可能性のあるご注文

③その他、法令やAmazonガイドライン違反の恐れのある悪質なご注文

というものです。

これにより、ある程度の威嚇的効果はあるのではないでしょうか?

 

いたずら購入者に直接メールで連絡する

次に、いたずら購入者へ直接メールするというものです。

もっとも、直接的に内容を伝えるのではなく、間接的に伝えるのです。

Amazonや警察への通報、法的措置を行うこともあり得るということをです。

これにより相手を威嚇するということですね。

ただし、この方法はかえって相手を逆上させる可能性もありますので、慎重になる必要がありますね。

私は、まだやったことはありません。

 

最後に

昨今では、いたずら購入者とか悪質購入者のことをモンスター返品者とか呼ぶらしいです。

私たち販売者にとっては非常に迷惑な存在なわけですが、どうしてもこういう輩が発生してしまいます。

ゼロには出来ません。

しかし、出来る限りこういう輩からの被害を最小限度に抑える為に、考えられる対応方法は講じていかなければなりません。

時として、断固な姿勢で臨むということも必要なのではないでしょうか。

なお、聞いた話によると、同業者への嫌がらせを指導している物販のコンサルもいるらしいです。

本当に許せないですよね。

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p