電脳せどりにおけるメンタルブロックについて

「クレーマーの対処に頭を抱えるネットショップオーナー」[モデル:藤沢篤]

こんばんは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「電脳せどりにおけるメンタルブロックについて」というテーマで書いていきたいと思います。

せどりは安く仕入れて高く売るという単純なビジネスですが、多くの人は挫折してしまいます。

それはメンタルブロックが原因です。

今日は、電脳せどりにおけるメンタルブロックについて、私なりの経験からお話させて頂きます。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

電脳せどりにおけるメンタルブロック

①リサーチしても商品が見つからないことによる諦め

まず初めに訪れるメンタルブロックがこれです。

最初のうちは、いわゆる全頭検査によるリサーチを経験することなると思いますが、多くの人がここで挫折してしまうんですよね。

いくら検索しても利益の取れる商品が見つからないわけですから、諦めてしまうわけです。

ですが、そうそう簡単に見つからないのは当たり前です。

100個リサーチして、2.3個見つかる位が普通ですから。

そうやって、徐々に効率的なリサーチ方法を個々に確立していくんですよね。

②大量の仕入れに対する恐怖

次に訪れるのが大量の仕入れに対する恐怖なんですよね。

リサーチに慣れてくると、徐々に仕入れられる商品も増えてきます。

そうなると、当然大量に仕入れられる仕入れることになるわけですが、ここで大金を使うことが怖くなるんですよね。

不良在庫になったらどうしようとか、損切りになったらどうしようとか不安になってくるわけです。

仕入れる量が増えるということは、損失も増える可能性があるわけですから。

③嫌がらせ購入(キャンセル・返品・クレーム等)に対する恐怖

そして、リサーチや販売に慣れてくると、目に付くようになるのが嫌がらせ購入です。

大量に買われた挙句のキャンセル、返品、クレーム等です。

これらは、販売機会の喪失や利益率の減少に悪影響を与えますから、当然に避けたいことではあるのですが、嫌がらせ購入が無くなることはありませんね。

④アカウント停止・削除等に対する恐怖

これは、Amazonというかプラットフォームビジネス全般にいえることです。

アカウント停止や削除になれば、販売できなくなりますから、もっとも恐ろしいことですよね。

私の中では、Amazonでせどりを始めた当初から、ずっと抱えていた悩みです。

おそらく、多くの出品者も同じ心境だと思います。

 

最後に

上記が、主なメンタルブロック要因なのですが、これらを乗り越えないと稼げるようにはなりません。

メンタルの問題ですから、最終的には自分自身で解決していかなければなりません。

しかし、独りで抱え込むのと、師匠や仲間が周りにいるのとでは大違いだと思います。

コンサルや塾のメリットのの1つはこういうところではないでしょうか?

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

 

※ツイッターもやってます!

宜しくお願いします!