ヤフーショッピング物販についての考察

こんばんは。

HIROです。

 

はじめに

今回は、「ヤフーショッピング物販についての考察」というテーマで書いていきたいと思います。

ヤフーショッピングの出店審査を突破してから、いろいろヤフーショッピング物販に関する情報収集をしています。

ただ、Amazon物販に比べて、まだまだ情報発信者も少ないのが現状ですので、満足のいく情報を収集できていないのが現状です。

もっとも、それなりに分かってきたこともあるので、今日は皆さんと情報を共有させて頂きます。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

Amazonとは販売形式が異なることから分かること

Amazonとヤフーショッピングでは販売形式が異なります。

Amazonの場合は、商品ページが1つあり、そこに複数の出品者が相乗りという形でカートを順番に取りながら販売しています(出品型)。

このような特質から、カート取得条件(主に価格)を満たせば自動的に売れていくということになります。

つまり、物販初心者でもすぐに稼げるのです。

これに対し、ヤフーショッピングの場合は、各出品者ごとに個々に商品ページを作るという形式になっています(出店型)。

ですので、SEO等の対策をとらなければ、なかなか売れないということになってしまうんですよね。

Amazonとヤフーショッピングでクロスマ等のツールを使って併売しても、ヤフーショッピングの売上げがAmazonの売上げの1~2割程度になってしまうというのは、こういうことに起因しているものと思われます。

そして、現状としてAmazonとヤフーショッピングで併売している人(元々Amazon物販の人)の多くは、特にSEO等の対策をしていないそうです。

逆に言えば、実質的なライバルが少ないからこそ、今から始めることは大きなチャンスなんですよね!

 

最後に

以前はヤフーショッピングで販売してもAmazonよりも全然売れないと思っていたのですが、そういうわけでもないという考えに至りました。

もっとも、Amazonよりも難易度が高いと思います。

今後は、Amazon物販を中心としつつも、少しづつヤフーショッピングについても勉強していきたいと思います。

 

では、今日はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!

HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE公式アカウントでブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

 

※ツイッターもやってます!