電脳卸仕入れのメリットとは?・・・part①(従来の卸仕入れとの対比)

ラップトップ, コーヒー, テーブル, 空気, 背景, ドリンク, ブログ, ブロガー, 破る, カフェ

こんばんは!

HIROです。

 

はじめに

今回は、「電脳卸仕入れのメリットとは?・・・part①(従来の卸仕入れとの対比)」というテーマで書いていきたいと思います。

本ブログの読者の皆さんにとって興味深いこと、それは「電脳卸仕入れ」ではないでしょうか?

そこで、今日は電脳卸仕入れのメリットについてご説明させて頂きますね。

もっとも、個々のメリットをかなり詳しく書いていきますので、今日から数回の記事に分けさせて頂きますね。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

クレジットカードによる仕入れが可能

従来の卸仕入れでは、多くの場合現金で仕入れる必要がありました。

つまり、現金問屋と呼ばれる卸ですね。

もちろん、現金問屋であってもある程度の取引関係が継続されれば、後払い(掛払い)も可能という場合はありましたが、現金による仕入れが多かったと言えるでしょう。

ですので、卸仕入れをやるためにはある程度の現金が必要になり、銀行等の金融機関から多額の融資を受けるというのが一般的でした。

これに対し、電脳卸仕入れでは、クレジットカードによる仕入れが可能な卸もそれなりにあります。

したがって、手持ちの現金が少ない場合であっても、クレジットカードがあれば仕入れが可能なのです。

つまり、クレジットカードでの仕入れしかできないからといって、せどりに固執する必要はないのです。

 

少量からの仕入れもOK

従来の卸仕入れでは、多くの場合1度で大量に仕入れる必要がありました。

例えば、ある商品を1度で100個仕入れる代わりに、1個あたりの仕入れ単価が下がるという感じですね。

しかし、このような場合、競合が増えて価格競争になり損切りした場合、損失額もそれだけ大きくなってしまいます。

1個で数百円の損切りであっても、100個なら数万円ですからね。

これが、縦積みのデメリットです。

このような点から、卸仕入れを避けてせどりという手法を採用している人も多かったんですよね。

ですが、電脳卸仕入れの場合は、少量や1個でも仕入れることができる卸が多くあります。

つまり、せどりと同じように横積みという手法を採用することも可能なのです。

 

最後に

従前から、卸仕入れに移行したくても

①多額の現金が必要となる

⓶大量の仕入れが必要になる

という点から、せどりをずっと続けているという人もいました。

私もその1人でした。

やはり、リスクが高くなりますからね。

ですが、電脳卸仕入れでは、このような従前の卸仕入れのデメリットを克服するかとが可能なんですよね。

つまり、せどりに固執する必要はどこにもないのです。

特に、昨今ではせどりに対する各プラットフォームの規制も厳しくなっている以上、出来るだけ早い段階で卸仕入れに移行するべきだと私は考えています。

電脳卸入れのメリットの続きは、後日の記事でまた書かせて頂きますね。

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!

HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE公式アカウントでブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

 

※ツイッターもやってます!