せどり(7)・・・せどり手法の種類③

こんばんは。

HIROです。

 

はじめに

前回は、「せどり手法の種類②」についてご説明させて頂きました。

せどりの種類は、いくつかの分類がありますので、後日、私の採用しているせどり手法の種類についてまとめた記事を書こうと思っています。

今回は、新品せどりが前提となりますが、「特価品せどりorリピートせどり」という分類についてです。

 

特価品せどり

特価品せどりとは、期間限定の特価品、セール品、アウトレット品等といった、いわゆる一定の期間に限定数量のみ販売している商品を仕入れて販売することを言います。

家電量販店のネットショップのアウトレットコーナーとかで販売している型落ち家電などです。

販売期間や数量が限定されているので、一時的に出品者が増えて価格競争になったりしますが、いずれは価格が上昇してきて、高い利益率で売れたりします。

しかし、このせどりの種類の特質上、期間や数量が限定されているので、随時リサーチを続けて商品探し続けなければなりません。

したがって、毎月の月商は安定しづらいですし、日々の労力もかなりのものになります。

私も、せどりを始めたころはこのやり方だったのですが、次第に疲れてしまい、この後で紹介する「リピートせどり」に移行してていきました。

 

リピートせどり

リピートせどりとは、現在通常販売されている現行品を仕入れてきて販売することを言います。

このせどり手法は、せどりを始めてから3か月くらいで考え出したものであり、現在に至るまで基本的な点に変更はありません。

この手法をマスターすれば、商品のリサーチも非常に楽になりますし、販売する商品の種類が増えていけばいくほど、仕入れも楽になります。

販売する商品の数が増える=資産が構築されていく、という感じに近いと思います。

したがって、日々のリサーチ作業に追われるということはなくなりますし、毎月の月商も安定するようになります。

現に私は、去年の6月くら現在に至るまで、毎月の月商100万円を超えています。

また、マスターすれば1日で20~30万円以上を仕入れることも普通になってきますので、月に4~5日の作業でも月商100万円を超えるようになります。

ただ、難点としては、現在通常販売されている現行品である為、競合が増えやすいということです。

もっとも、この点の克服方法についても考え出しており、リピート品せどりであっても、利益率15~20%くらいを維持することは可能です。

 

最後に

毎月安定的に売り上げたい人は、リピートせどりが最適です。

また、ある程度商品が見つかってしまえば、本当に楽です。

在庫がなくなったら補充するという繰り返しです。

しかも、電脳せどりとリピートせどりはとても相性が良いです。

当ブログのキャッチフレーズである「リスクヘッジ×リピートで無理なく段階的に資産を増やす」リピートは、このリピートせどりのことを指します。

 

次回は、「私が採用しているせどり手法の種類のまとめ」について書いていきたいと思います。

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!
HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE@でブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やせどりお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

コメントを残す