物販は割に合わないから情報発信をやる?

こんばんは!

HIROです。

 

はじめに

今回は、「物販は割に合わないから情報発信をやる?」というテーマで書いていきたいと思います。

情報発信者の中には、「物販は割に合わないから情報発信をやる」と発信していたり、「物販は割に合わないから情報発信をやりましょう」と他人に情報発信を勧めている人もいます。

今日は、物販と情報発信について、私なりの意見を語らせて頂きますね。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

本当に物販は情報発信より割りに合わないのか?

そもそも、前提問題として、本当に物販は情報発信よりも割に合わないのでしょうか?

私自身、そんなことはないと思っています。

仮に、物販が情報発信よりも割に合わないとすれば、

①効率が悪くてレベルの低い物販をやっている

②情報発信(コンサルや塾、情報商材等)で、いい加減なことをしている

どちらか、もしくは双方だと思います。

まず、①についてですが、物販は、極めていけば情報発信よりも継続的・安定的に利益を上げることができると思います。

次に、②についてですが、情報発信の商品は、コンサルや塾、情報商材等になってくると思いますが、それらを誠実に真面目にこなしていくことは予想以上に大変です。

以上より、物販は情報発信よりも割に合わないは言えないと思います。

現に、私が知っている物販の人たちも、かつて情報発信で成功していましたが、その後は物販専業になっていったという方が何名かいるくらいですからね。

 

情報発信のそもそもの位置づけについて

次に、情報発信のそもそもの位置づけを履き違えているという人が多いように思います。

情報発信の本来の目的は、他者に有益な情報を発信していくことです。

つまり、発信者にはそれなりの使命感のようなものが必要だと思うのです。

ですが、情報発信者の中には、「ただ儲けたいから」、「キャッシュポイントが複数欲しいから」という動機で情報発信をやっている人も、少なからず存在します。

本来の目的から外れてしまっている発信をしたところで、それについてきてくれる読者がどれだけいるのかということですよね。

 

最後に

もちろん、どういう動機で情報発信をやるのかは個々人の自由です。

ですが、そこには発信の受け手である読者への責任が伴うと思うのです。

また、物販よりも情報発信が儲かりそうだというような気持ちで情報発信を始めてみても、結果的には上手くいかないでしょう。

本当に儲けたいのであれば、まずは自分自身の物販の手法を再構築することから始めてみては如何でしょうか?

そこが本筋だと思います。

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!

HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE公式アカウントでブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

 

※ツイッターもやってます!