価格設定ツールを導入するにあたって考えるべきこと

統計, ワードプレス, Web, データ, 情報, Cms, ウェブサイト, インターネット, サイト, 管理

こんばんは!

HIROです。

 

はじめに

今回は、「価格設定ツールを導入するにあたって考えるべきこと」というテーマで書いていきたいと思います。

Amazonで物販をやる上では、価格設定ツールの導入を考えることになる段階が訪れます。

私自身、現在、複数の価格設定ツールを試用しています。

「今頃、価格設定ツール探してるの?」と思う方もいらっしゃると思います。

今日は、この疑問に対する答えと絡めて、価格設定ツールを導入するにあたって考えるべきことについて、私なりの意見をお話させて頂きますね。

では、本日も最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

価格設定ツールとは?

価格設定ツールとは、文字通り、販売価格を自動で設定してくれるツールのことです。

主なツールは、3つくらいあります。

月額制で、月に5000円くらいです。

価格設定以外にも、様々な機能がついています。

例えば、利益率の計算とかですね。

 

価格設定ツールを執拗に勧める情報発信者には要注意!

価格設定ツールは、自動で価格設定をしてくれるツールですので便利です。

ですが、情報発信者で価格設定ツールを執拗に勧める人には要注意です。

なぜなら、彼らの多くは、アフィリエイトで価格設定ツールを勧めているからです。

つまり、彼らには報酬が入るということです。

最近は、報酬の高いマカドを勧める発信者が多いようですね。

このような理由から、まだ必要がない人に対してまでも価格設定ツールを勧めているんですよね。

 

価格設定ツールを導入すべき段階とは?

私自身、価格設定ツールを現段階で、いろいろ試用しています。

この3年間、手動でした。

別に、これで不都合を感じたことはほとんどありません。

では、なぜ、今頃になって価格設定ツールの導入を考えるようになったかというと、取扱う商品数が増加してきたからです。

つまり、価格設定ツールの導入は、取扱商品の数が増えて来てからで十分なんです。

具体的には、SKUが100を超えてきたら検討すれば良いと思います。

もちろん、これは縦積みではなく横積みという手法の場合ですよ。

縦積みのように、1つの商品の在庫数を多く抱えるような手法においては、商品の回転が大事になってきますので、SKUが100以下であっても価格設定ツールを導入する必要性が出てくると思います。

 

最後に

以上から、物販を始めたばかりの人が価格設定ツールを導入する必要はないと思います。

情報発信者の多くは、アフィリエイト目的で価格設定ツールを勧めていますので、鵜呑みにするようなことのないように気をつけましょう!

 

では、今回はこの辺で!

 

 

※ブログランキングに参加中です!

HIROを応援して頂ける方は、クリックをお願いします^^

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどりランキング

 

※LINE公式アカウントでブログ更新情報配信します!

ブログ記事の更新情報やお役立ち情報がLINEで確認できます。

友だち追加

ID検索: @nam4041p

 

※ツイッターもやってます!

宜しくお願いします。